もと裁縫学校だった古民家カフェ「カフェ ヒトノワ」に行ってみた

 

NHKの番組で欠かさず観ているふるカフェ系~ハルさんの休日~』

で、宮城県富谷市にある古民家カフェ

「cafe hitono wa」(カフェ ヒトノワ)

が紹介され、カフェ好きの私はさっそく足を運びました。

とてもステキなカフェで、自分の地元にこんなに素敵なカフェがあるなんて!と感動してしまいました。

今回は、そんなステキな「cafe hitono wa」(カフェ ヒトノワ)について書いていきたいと思います。

 

建物は築100年、もともとは裁縫学校として使われていた

 

宮城県の中心地である仙台より北部に位置する富谷市は、仙台のベットタウンとしても人気の地域になっています。

カフェヒトノワは、そんな富谷市の中でも、古くからの建物が立ち並ぶ旧奥州街道(きゅうおうしゅうかいどう)に面した場所にありました。

古民家カフェとしては2016年4月にオープンしたお店のようです。

f:id:punk_tata88_04tan:20180924145808j:plain

築100年ということは、大正時代に建てられたんですね。

コクのある木の色合いも、年代物のオーラを感じました。

建物自体の大きさは普通の一軒家くらいです。

 

f:id:punk_tata88_04tan:20180924145830j:plain

店の前に置いてあった看板。

正直、この看板がなければ通り過ぎてしまいそうなほど、カフェっぽい建物には見えませんでした。

 

木のぬくもりが感じられる店内

 

入り口を入ると、まだ店内は見えず、まずは靴を脱ぐ三和土(たたき)というスペースがありました。

昔ながらの木の匂いがして、カフェというよりまるで田舎の親戚の家に来たような感覚です。

店内に入るとけっこう奥行きがあり、テーブル席とカウンター席がありました。

私が訪れたこの日は、直前にふるカフェ系~ハルさんの休日~で放送されたということもあるのか、昼前にもかかわらずほぼ満席状態でした。

 

f:id:punk_tata88_04tan:20180924184756j:plain

私が案内されたのはカウンター席で、席にはこんなかわいらしい電気スタンドが。

普段は読まない本でも読んでみようかと思ってしまうほど、このノスタルジックな雑貨にほっこりしました。

 

私が座った席の近くには、このカフェのオリジナルバッグがディスプレイされていました↓↓↓

欲しい・・・

f:id:punk_tata88_04tan:20181005174726j:plain

 

自席からの店内風景。

レトロな照明と欄間(らんま)がオシャレ。

f:id:punk_tata88_04tan:20180924204016j:plain

 

ちなみに写真撮影は、先にスタッフの方に了承を得た上で

・自席に座ったまま
・他のお客様を写さない

ならOKだそうです。

 

お冷はセルフサービスとなっていて、店内の中央にサーバーが置いてありました。

お冷といってもフルーツウォーターで、この日はりんごレモンオレンジミントが浸けてありました。

サーバーの中に直接フルーツが入っていて、見た目もオシャレです。

飲食フロア以外の場所では、こんな細長い廊下が。

左側が店内、右側が外になっていて、正面に見えるドアの向こうが靴を脱ぐ三和土(たたき)になっています。

f:id:punk_tata88_04tan:20180924203931j:plain

廊下の幅は、大人が体を横にしてすれ違えるくらいの広さでした。

夏場に引き戸を全開にして、廊下でお茶したら気持ちいいだろうなぁ。

 

 

 

f:id:punk_tata88_04tan:20180924204934j:plain

これはトイレの中にいたウサギ。

ちなみにトイレは洋式で、とても広々としたスペースです。

 

ランチは野菜がとてもおいしかった

 

カフェ ヒトノワのランチはAランチ,Bランチから選べるようになっています。

この日はBランチが完売していたようなので、Aランチを注文しました。

 

f:id:punk_tata88_04tan:20180924202022j:plain
Aランチ:豚しゃぶのランチ

・雑穀入りご飯
・なすやミョウガが入った豚しゃぶ
・すいか、ブルーベリー、オレンジ、いちじく入りサラダ
・豆のサラダ
・にんじんのきんぴら?

 

f:id:punk_tata88_04tan:20180924202323j:plain
セットのコンソメスープ

・ベーコンやトマト、玉ねぎ入り

 

f:id:punk_tata88_04tan:20180924202442j:plain
マスカットとナタデココのヨーグルト

 

野菜中心のワンプレートランチにスープとデザートのセットで約1,200円。

 

サラダに入っていたイチジクの甘さと、富谷市の特産であるブルーベリーや柑橘系の酸味が絶妙でした!

豚しゃぶはミョウガが効いてて美味しかったです。

全体的に優しい味付けだったので、ボリュームがあっても重くなくペロッとたいらげられました。

 

ちなみに、ここのカフェのオープンは午前11時なのですが、AランチやBランチは予約だけで完売してしまう可能性があると思います(私が訪れた11時半にはすでにBランチが完売していたので)

席数はカウンター、テーブル席合わせて16席。

こぢんまりとしたカフェなので、特に週末は、4名以上で行く場合は1週間くらい前に予約した方が良いとのことです。

 

さいごに

 

本来の目的は、ハルさんの休日でも紹介された『ブルーベリーマフィン』だったのですが、メニューを見落としてしまっていたのか、見つけられず・・

ランチのサラダに入っていたブルーベリーも粒が大きく、甘酸っぱくて美味しかったので、マフィンも絶対おいしいはず!!

またの機会にリベンジしようと思います。

 

住所:宮城県富谷市富谷新町108
営業時間:11:00~17:00(16:30ラストオーダー)
定休日:木、金

駐車場:3台分

カフェから徒歩5分ほどの場所に「しんまち公園」という無料駐車場(広い)があるので、車で行くときはこちらに停めるのがオススメです

昔は苦手だったNHKを観るようになった2つの理由

 

こんにちは、みらじぃです。

 

私は今40代半ばですが、この年齢になってNHK番組をたまに観るようになりました。

これまでは、NHK=教育番組を中心にカタい番組、というイメージがあり、おもしろさが欲しい私としてはちょっと敬遠していました(でも大河ドラマは観ていました)。

そんな苦手意識があったNHKを観るようになった理由を書いていこうと思います。

 

バラエティのようなおもしろさを兼ねつつためになる情報を提供してくれる

 

最近は、有名な俳優さんやバラエティでよく見る芸人さんが出ている番組を多く見るようになりました。

しかもバラエティに負けず劣らず内容も充実していて、私の中でNHKのイメージががらりと変わりました。

 

特に好きで見ている番組が2つあります。

 

・チコちゃんに叱られるっ

MCをナインティナインの岡村隆史さん、チコちゃんの声を芸人の木村祐一さんが担当しています。

普段は気にも留めないことが、”5歳の女の子”のチコちゃんから疑問を投げかけられた時、意外と分からなくてチコちゃんに「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と叱られます。

  • 5歳の女の子の声を50代の男性芸人がやっているという事実
  • 5歳なのに博識すぎる
  • 5歳なのに好みが渋い

など、設定だけでも充分インパクトがありますよね。

その上、岡村隆史さんや木村祐一さんといった、バラエティ番組でもメインとなって活躍されている方々が出演していると、「なんか面白そう」と思わず観てしまうんですよね。

実際に芸人らしくスタジオでボケとツッコミで盛り上げていて、なおかつ知識を身に付けることができる贅沢な番組だと思います。

 

・ふるカフェ系~ハルさんの休日~

古民家カフェブロガー【真田ハル】役を、俳優の渡部豪太さんが演じています。

渡部豪太さん自身、ドラマなどでよく観る人気俳優ですよね。

なんとなく、NHKの教養番組で有名な俳優さんが出演しているのが新鮮な感じがするんですよね。

しかもこの【真田ハル】というキャラがなかなかの変わり者で、その変わり者を演じている渡部豪太さんも見どころです。

こちらの番組も、単にカフェのことを紹介するだけでなく、古民家の建築構造についての豆知識や、訪れた町の文化や歴史についても触れていくので、ちょっと勉強した気分になれます。

 

 

どちらの番組もベースは教養番組なのですが、あまり教養っぽく感じさせない気軽さで観られるのがいいなと思っています。

また、もともと認知度が高い人が出ていると、思わず「あれっ、この人NHKに出てるんだ」と目に留まってそのまま見てしまいますね。

 

コマーシャルがない

 

NHKを観るようになって改めて感じたのが、コマーシャルの存在です。

コマーシャルが嫌いというわけではないんですが、バラエティを観ていると、思わずうんざりしてしまう2つのパターンがあります。

まずひとつは、

番組の中で一番の目玉となるコンテンツの予告をコマーシャルの合間にはさみ、『詳しくはCMの後!』とか、『この後どうなってしまうのか!?CMの後明かされる!』などと視聴者を引き付けておいて、結果番組の最後の数分で意外とあっさり終わる。

しかも、番組後半になるにつれてコマーシャル→番組目玉のコンテンツの予告→コマーシャル、という流れも目立ち、どんどん見る気が失せてくる。

 

もうひとつは

コマーシャルの後に流す映像が、コマーシャルに入るだいぶ前からの映像だったりする。

というところです。

 

バラエティは好きなのでしょっちゅう観ますが、このコマーシャルによって楽しみがあまりにも引き伸ばされすぎた為、一番観たいと思っていたコンテンツも見る気が失せてしまう、ということがたまにあります。

大事なことなので2回言いますが、決してコマーシャルが嫌いなわけではありません。

番組の構成上、いろいろと仕方がないことなのかもしれませんが・・

でも、最後まで耐えられずチャンネルを変えた先の番組がおもしろかったりすると、もともと観ていた番組のことを忘れてしまうこともあります(^^;

 

少し話がそれましたが、NHKはコマーシャルがない分、集中して番組を楽しむことができるのが魅力だと思っています。

 

さいごに

 

NHKは民放のような華やかさや派手さはないけれど、テーマを絞り、クオリティの高い情報を提供してくれているので、興味のあるジャンルであればあるほどよりおもしろく、なおかつ知識も身に付くので観ない理由がないですね!

ダブルワークを経験して感じたこと

 

こんにちは、みらじぃです。

 

私は過去に、8か月間だけダブルワークをしていたことがあります。

 

ダブルワークに選んだ仕事は、本業に影響が出ないように平日週2日のみと少なめのシフトで行っていました。

ですが、やっぱり仕事を2つ同時進行するのはいろいろと大変ですね。

 

今回は、ダブルワークを実際に経験して

  • 大変だったこと
  • ダブルワークに選ぶ職種
  • どうしてもダブルワークをしたいと思ったら
  • ダブルワークを経験して実感したこと

など、私が感じたことを書いていきます。

もしこれからダブルワークをしようと思っている方に、少しでも参考になればと思います。

 

ダブルワークで大変だと思ったところ

 

ダブルワークをする上で一番大変だったのは、やっぱり精神的な部分ですね。

どんなに目標を持って頑張っていても、週2日はひとつの仕事を終えてもホッと気を抜けられないのが辛かったです。

正直、週2日ならそんなに負担はないだろうと思っていたのですが、実際は想像していたより体力的より精神的に負担がかかることがわかりました。

そんな精神的負担を軽減するために意識していたのが、手抜き息抜きです。

毎回ではありませんが、夕ご飯作りをサボり、カフェでお茶する時間に変更したりしてリフレッシュすることでもうひと頑張りにつなげていました。

 

ダブルワークに選ぶ職種

 

長期を前提に選ぶなら『興味がある業種』や『本業とかぶらない業種』

 

私の本業は事務系なので、ダブルワークに選んだ仕事はアパレルショップでの商品管理という、体を動かす業務でした。

アパレルショップで販売をしていたころに、商品管理にも興味があったこともこの仕事を選ぶ理由のひとつでした。

デスクワークは頭を使うことが多いので、体を動かす商品管理の仕事は運動不足解消やリフレッシュにもなりました。

副業では本業で経験できない仕事や、やってみたい仕事でお金がもらえるという、一石二鳥なメリットがあります。

もし長期でのダブルワークを考えるなら、なおさら少しでも自分が興味がある仕事内容の方が長く続けられるかと思います。

 

どうしてもダブルワークをしたいと思ったら

 

ダブルワークをする『理由』を明確にしておく

 

ダブルワークをしていると、当然ながら自分の時間が少なくなります。

私は「生活のためにもうちょっとお金が欲しい」という理由から始めたのですが、自分の時間がとれないことに思った以上にストレスを感じました。

もしダブルワークをやってみたいと思ったら

  • 稼ぎたい理由をはっきりさせておく
  • ダブルワークをする期間を決めておく

ことが大事かなと思いました。

『お金を稼ぎたい理由』がはっきりしていれば、ちょっとくじけそうになったりストレスを感じても、稼いだお金でできることを思えば頑張れますよね。

いきなり長期のアルバイトだと、もし続けられなかったりしたら気まずいので、単発バイトを何度かやってみるのもオススメですね。

単発バイトは比較的時給もいいし(内容によりますが)、ちょっと疲れている時はスケジュールを入れなければいいので、直雇用バイトより自由がきくという魅力があります。

 

本業に支障が出ない程度のスケジュールで行うこと

 

ダブルワークをしていると、体を休める時間も減るので疲れが溜まりやすくなります。

単発バイトならコントロールがききますが、長期のバイトになるとそう簡単に休めないですよね。

お金を欲しいがために無理をしていると、疲れから集中力が鈍り、本業の方でミスしやすくなる可能性が高くなります。

ミスをすれば当然怒られますし、かといってダブルワークを言い訳になんてできないので、どんどん自分が追い詰められてしまいます。

また、疲れから体調を崩して、どちらの仕事もできなくなってしまったら本末転倒ですよね。

仕事に費やす時間が増えた分、日常で行っていたことの中で”あえてやらない”ことを決めるのも必要かと思います。

 

ダブルワークを経験して実感したこと

 

ダブルワークを経験して一番実感したことは、時間があってこそ充実感って得られるものだなぁということ。

本当に必要な時だけ期間を決めて働き、そうでない時は仕事以外のことに時間を使う。

時間に余裕があると、気持ちにも余裕ができて幸せな気分になりますよね。

お金より時間の方が大切だと気づかされた経験でした。

松島の人気カフェ~le Roman(ロマン)~ 東日本大震災を乗り越えた今も絶景を楽しませてくれる

 

こんにちは、みらじぃです。

 

今回は、2011年に起こった東日本大震災以降、しばらくの間営業を再開していなかったカフェ「 le Roman(ロマン) 」について書いていこうと思います。

 

 

「 le Roman(ロマン) 」は日本三景のひとつ、松島にある絶景カフェ

 

「 le Roman(ロマン) 」は、日本三景のひとつである宮城県の松島にあります。

山の中に立地しており、カフェに行くには『松島パノラマライン』という道路を通ります。

森林が続く山道をしばらく走ると、視界が開けて、目の前にある駐車場の脇の小道の奥に、一軒の平屋の建物が見えます。

その建物が「 le Roman(ロマン) 」です。

 

東日本大震災以前は「 Loin(ロワン)」という店名のカフェだった

 

「Loin(ロワン)」だった頃の外観

 

「le Roman」は、2011年の東日本震災以前は「Loin(ロワン)」という店名で、当時も老若男女に人気があり、平日から賑わっていました。

白を基調とした清潔感のある明るい店内で、使用している椅子がソファータイプや木の椅子など、様々なデザインの物だったのが印象的でした。

席と席の間隔が広いので、とてもゆったりとした気分で過ごせましたね。

 

ところが2011年に起こった東日本大震災以降、建物は残ったのですが、損傷がひどかったことや、二次災害の危険性が高いことから、再開のメドが立たなくなり休業状態が続いていました。

本当に雰囲気の良いカフェだったので、いつかまた再開してくれるんじゃないかとほのかに期待しながら何度かカフェがあった場所に足を運びました。

しかしいつ行っても震災当時のまま、明るかった店内が薄暗いのがなんとも言えず、寂しい気持ちになったのを憶えています。

 

そして何度か足を運んだある日、店に近づいていくと、入り口のドアになにやら紙が貼ってありました。

なんだろう、と思いさらに近づいてみると、

 

『カフェがまた再開するのを心から望んでいます』

 

といった内容のメッセージがいくつか書き込まれていたのです。

私と同じようにカフェの再開を心から願う人たちがたくさんいることに胸を打たれ、私もその紙に再開を願うメッセージを書かせていただきました。

 

2015年、「 le Roman(ロマン) 」として再スタート!!

 

二次災害の危険性がなくなったからなのか、私達の願いが届いたのか、4年半の年月を経て「 le Roman(ロマン) 」として再OPENしたことを知ったときは本当に嬉しくて、すぐに行きました!

f:id:punk_tata88_04tan:20180804164614j:plain

「le Roman」の外観

 

外観は「Loin(ロワン)」の時とはだいぶ変わり、スタイリッシュなデザインになっていました。

店内は全面ガラス張りで開放感があり、松島の景色が大パノラマで見ることができます。

 

f:id:punk_tata88_04tan:20180804162026j:plain日本三景の一つ、松島が一望できる唯一のカフェ

 

「 le Roman(ロマン) 」の人気の理由のひとつでもあるこの眺望は、春は桜、夏に緑、秋には紅葉、そして冬の雪景色と、日本の魅力的な四季の表情を見せてくれます。

全面ガラス張りなので、どの席に座ってもこの景色が見られるのが嬉しいですよね!

 

 

ドリンクやスイーツも絶品

 

ちなみに le Romanでは、リンゴをふんだんに使ったケーキ『タルトタタン』『イチジクのパフェ』が人気です。

 

しかし今回夏に訪れた私は、涼しげな飲み物を頼んでみました。

 

f:id:punk_tata88_04tan:20180804162406j:plain

自家製のミントを使用したミントスカッシュ

とてもシンプルなドリンクですが、上に浮かんでいるミントの葉がなかなか大きなサイズで、ミントのいい香りがしました。

下の薄いグリーンの部分はミントシロップで、混ぜて飲むと、スーッと涼しげな飲み口、シュワっとした炭酸の喉ごしが暑い季節にはたまりません!

 

 

f:id:punk_tata88_04tan:20180804162512j:plain

そして、ミントスカッシュと一緒に頼んだベイクドチーズケーキ

しっとりと濃厚なチーズが、爽やかなミントスカッシュとよく合っておいしかったです。

絶景を眺めながらの美味しいスイーツは至福のひとときですね。

 

さいごに

 

松島パノラマラインの途中にある le Romanへ行くには車が一番オススメですが、休日はカフェの敷地内の駐車場が埋まっている可能性もあります。

そんな時は、パノラマラインの入り口近くに無料の町営駐車場があるので、そこに停めていくのがオススメです。

駐車場からは歩いて2~30分くらいで、行きはずっと上り坂ですが、歩きながら松島や海を眺められるので、ちょっとハイキング気分で行くのもいいかもしれないですね。

ひとり旅は、人生を変えるほどの影響はないかもしれないけど行動した自分への自信につながる

 

こんにちは、みらじぃです。

 

ひとり旅、してみたいけどなかなか勇気が出ないな・・という方!

まずは1泊でもいいから、経験してみませんか?

もしかしたら『一回行ったからもういいや』ってなるかもしれませんが、めちゃくちゃハマるかもしれません。

 

ひとり旅は、誰かと行く旅行よりも記憶として濃く残ります

そして、人生を変えるまではいかなくても、1人で決めて行動したことが、後々の自分に自信を与えてくれると思っています。

 

1人で旅に行った場所はより思い出深い場所になる

 

なぜ、誰かと行くよりも深く思い出に残るかというと、すべて自分で決定し、行動するからです。

ひとり旅に躊躇する理由に多いのが、

  • 周りに「あの人1人なの?」と思われてる気がしてイヤだ・・
  • ひとりだと感動を共有できないから寂しい

があります。

が、実際はそんなことを感じるヒマがないほど、考えることが沢山あるんです。

むしろ、考えることが沢山ある分すごく充実できると思っています。

 

どこ(都道府県)に行くか

どういう交通手段で行くか

予算はどれくらいにするか

などなど。

 

少しでも旅を良いものにしたくて色々考えるので、旅の道中だけでなく、計画を立てる段階さえも思い出になります。

まずは“行ったことがある場所”や“近場”を選んでみる

 

初めてのひとり旅で一番オススメな場所は今、自分が一番行ってみたい場所ですね。

自分が行ってみたい場所なら、見たいものや食べたいものなど、興味がつきないので計画が立てやすいと思います。

 

あとは、自分が住んでいる都道府県内でもちょっと遠い場所というのもオススメですね。

自分が住んでいる都道府県でも、北と南、東と西ではけっこう地域性も変わりますし、海沿いに住んでいるなら山側に行っただけでもずいぶん遠くに来た感覚になります。

宿泊する勇気がないなら、朝早くに出発して夜に帰ってくる日帰り旅でもいいと思います。

近場なら、たいてい電車やバス1本で行けるし(乗り換えがあっても1回くらい)、交通費もそんなにかからなく、土地勘がある場所なら安心して行動できますよね。

 

スケジュールはあまり詰め込みすぎない

 

例えば私の旅のパターンは

  • 一番行きたい場所
  • 宿泊先

到着する時間だけを決め、それ以外は基本的に自由にします。

 

早めに現地に着くようにして、目的の場所に行くまでは、いろいろ探索して楽しそうだなと思ったところに行ったり、おいしそうなお店を見つけて入ったりと、その時の出会いを楽しめるようなスケジュールを立てています。

行きたい場所が沢山あって、絞りきれずにタイトなスケジュールを組んでしまうと、時間ばかり気になってしまって、せっかくの楽しい旅もストレスになることもあるので注意です。

 

実際に行ってみると、ガイドブックにも載っていない場所を発見することもあるので、あえてゆるいスケジュールにして、現地を探検する。

これも旅の醍醐味ですよね。

 

どんな交通手段で行くか

 

ローカル線か新幹線か

飛行機か船か、寝台列車か

自家用車か高速バスか

 

行く場所にもよりますが、交通手段も旅を演出するひとつだと思っています。

ちなみに私は、旅に来たー!と、実感しやすいローカル線が好きです。

今の電車にはないレトロなデザインの車両や、その地域ならではの景色が見られたりと、いつもと違う時間の流れにゆったりと浸りながら電車に揺られるのが心地良いですね。

 

予算の中でどこにお金をかけたいかを決める

 

  • ここのホテルのエステをしたい(宿泊先にお金をかける)
  • そこでしか食べられないものをたくさん食べたい(食べ歩き目的)
  • 『ぶらり途中下車の旅』みたいに電車を乗り継ぎいろんな場所に行ってみたい

など、旅の目的を決め、その部分にはお金をかけ、他の部分は安く抑えるという、メリハリのあるプランもいいと思います。

 

さいごに

 

ひとり旅は自分の意思で動いていくので、なんでもアリなスケジュールを立てられます。

極端ですが、北海道に来てたけど沖縄に行きたい!と思ったらすぐに実行できるとか。

また、1人でいる時間が長いほど、自分はどんな過ごし方をするのが好きなのか、なにをしている時が一番充実しているのかが少しでも見えてくると思います。

誰の言葉にも左右されず、自分の感覚や考えに耳を澄ますということが、貴重な経験になると思っています。

 

まずは近場で一泊からのひとり旅、始めてみてください。