『字下げ』と『1行目のインデント』の違い

 

こんにちは、みらじぃです。

ExcelとWordが超初心者の私が、パソコンで習ったことをアウトプットも兼ねて、ポツポツと書いております。

 

パソコン機能の中に、『字下げ』『1行目のインデント』と呼ばれるものがあります。

どちらもWordで文書を作成中、改行した時に最初の1文字めを他の行より少し下げる機能になります。

が、どちらも操作後の見た目がほぼ一緒で「あ、これは字下げ(or 1行目のインデント)で作ったやつね!」という風には、パッと見に違いがわからないんですよね・・

ということで今回、『字下げ』『1行目のインデント』のそれぞれの操作方法、違いがなんなのか調べてみました!

 

そもそも”インデント”とは?

インデントとは、段落と呼ばれる、長い文章の区切りごとに次の段落の1文字目の開始位置を指定して、最初の1行の長さを調節する機能です。

インデントには1行目のインデントの他に、ぶら下げインデント、右インデントがあります。

字下げも、呼び方は異なりますがインデント機能のひとつのようです。

字下げの操作方法

1. 字下げを設定したい段落の1行目の1文字目の前にカーソルを合わせる

2.【ホーム】タブの中にある[段落]グループの、ダイアログボックス起動ツールと呼ばれる、斜め右下向きの矢印のアイコンを押す↓↓

 

3.ダイアログボックスが開きました↓↓

 

4.【ダイアログボックス】が開いたら、[インデントと行間隔]タブの中のインデント(赤い四角で囲んだ所)【最初の行】の▼ボタンを押す↓

 

5.【字下げ】を選択し、隣の【幅】というところで、開始位置を何字分下げるかを指定する

※字下げは【幅】で0.5字ごとに指定できます。

 

1行目のインデントの操作方法

 

1. Word文書作成画面の、文書を入力する白紙の上の部分の【ルーラー】と呼ばれる、数字が書いてある定規のようなツールで操作する(赤い四角で囲んである部分)

 

 

2.ルーラーに野球のベースのような形をしているものが上下に2つあり、そのうちの下向きになっている方にカーソルを合わせると、[1行目のインデント]と字が表示される。カーソルが白い矢印の形になったら、右側にドラッグする

 

3.ドラッグすると、段落の1行目が動いて行の長さを調整できる。

※1行目のインデントでは、約0.67字分ずつ動いていました。

 

ふたつの違いは『動かす字数の長さが違う』こと

 

  • 字下げ→0.5字ずつ動かせる
  • 一行目のインデント→約0.67字ずつ動かせる

1行目のインデントの字数は、ルーラーの野球ベース型のアイコンを1回ずつ右に動かすたびに、段落グループのダイアログボックスを開き、インデントタブの【幅】に表示されている字数で確認しました。

2つの機能の違いを調べてわかったこと:

  • 操作手順が異なる
  • 確実に文字数分ずつ動かすなら字下げの方で操作した方が良い

文書を作成する上では、どちらで作ったからちょっと見た目がおかしくなることはなさそうです。